ハプニングバーと言えば、首都圏が最も店舗数が多くサービス内容も充実しています。
そして都心を離れるほど、やはり店舗数が少なく行きたくても自宅の近くには存在しないという人も多いでしょう。
ですが大阪なら東京に次いでハプニングバーが多い都市なので、満足の行くお店が見つかるはずです。

では大阪でオススメのハプニングバーをいくつかお店の特徴とともに紹介していきます。

難波にある「メリンダ」は、興味本位の客は拒否しているので本格的にプレイを楽しむ事が出来るお店です。
入店チェックが厳しい分、客層がよくトラブルに合うリスクが低く安心して利用する事が出来ます、

コスプレの種類も充実しているので、コスプレ好きな人にもオススメです。
ただし注意点としては、新規会員の人は平日のみ入店が可能になっているので初めて訪れる場合は土曜日は避けて下さい。
あと日曜日は定休日でお休みです。

心斎橋の「ベリー」は女性が安心して利用する事が出来るお店です。
なぜ女性が安心して利用できるのかというと、単独男性客の入店には制限が設けられているためです。
通常のハプニングバーの場合は男女比が7:3と言われています。
しかしこれではどうしても女性客の負担が大きくなりますし、単独女性客は入店しづらい雰囲気になりますよね。
ですが「ベリー」なら男女比のバランスを考えてくれているので、男性も女性も楽しめるようになっています。

また店内は非常に落ち着いた内装になっていて、大人の遊び場という雰囲気です。
女性が最も快感を得やすいのはスローセックスだという説があります。
「ベリー」ならまったり、ゆっくり落ち着いた大人の余裕のあるセックスを楽しむ事が出来るはずです。

北新地にある「ロマンティック」はイベントが充実しているお店です。
コンセプトが明確なので、スーツ&メガネDAY、細マッチョDAY、イケメンDAYなど日替わりで開催されています。
女性は自分の好みの男性が集まりそうなイベントの日に、訪れるとより楽しめるはずです。

またソフトSM・DAYなど自分の性癖に合うイベントの日に訪れるのもオススメです。
大阪では梅田や難波、心斎橋などの繁華街にお店があるのはもちろん、北新地や西天満、高槻などあらゆる地域にお店が存在しています。

それに東京とは異なり大阪ならではの雰囲気が味わえるのも大阪のお店の魅力だと言えます。
大阪人はお金にシビアな人が多いので、高くてサービス内容が悪いお店はすぐに潰れてしまいます。
安くてサービスが充実しているコスパがいいお店がたくさんあるので、ぜひ機会があれば大阪のお店を利用してみて下さい。